ナーガールジュナ(龍樹)と日本の高僧たち(その2)

更新日:2月7日

2022年2月14日(原則第2月曜 19:00~21:00

ナーガールジュナ(龍樹)は日本仏教の伝統で、「八宗の祖」として尊ばれてきました。日本仏教の各宗派の実践はそれぞれ違いますが、ナーガールジュナの仏教理解を踏まえることで、それらが同じ山の頂上を目指すそれぞれの登山道であることが見えてきます。今回は、ナーガールジュナの仏教理解を踏まえた、道元禅師の思想の読み直しが中心になります。ナーガールジュナについては、別に有志で『中論』のオンライン読書会をおこなおうと考えています。


■日程

全5回(2月~6月)原則第2月曜

開催予定日:2月14日、3月14日、4月11日、5月9日、6月13 日

19時~21時(途中10分休憩)


第1回:2月14日(月)


《 予定内容 》

・釈尊・ナーガールジュナ・日本の高僧

・道元禅師の生涯と教え

・言葉と言葉を越えるもの

・『正法眼蔵』「仏性」巻について

・十二巻本『正法眼蔵』


※5回で完結ではなく、次期も引き続きこのテーマを続けていく予定です。


■受講費

7,500円(全5回分 一括払い)


(ナーガールジュナについては、関心のある方を募って、有志による『中論』読書会(おそらく、月曜夜の別の日)をおこなうことを考えています。)


■お申し込み・お問い合わせ

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02fyy1ct5m321.html